RPP広告について。楽天市場では積極的に利用しよう

EC,楽天市場

こんにちは。エモロジブログです。

本記事では、楽天市場のRPP広告について、説明します。

楽天市場の中では比較的運用しやすい広告として有名なRPP広告。

楽天市場で売上を作るために、この広告の運用方法は押さえておきたいところ。

ポイントを理解して、効率的に利用していきましょう。

1 RPP広告の概要RPP

RPP広告は、楽天市場内のリスティング広告と考えるとわかりやすいでしょう。

通常、楽天市場は販売実績やレビューの件数で検索結果の掲載順位が決まります。

しかし、RPP広告を使えば、そのアルゴリズムを無視して検索結果の上位に商品表示ができます。

使用する場合、1か月の予算とクリック単価を設定すれば、すぐに開始できます。

売れているお店も使っている、スタンダードな広告といえるでしょう。


2 RPP広告を使用するメリット

では実際に、RPP広告を使用するメリットについて見ていきましょう。

数多く存在する楽天市場の広告の中で、何故これがおすすめなのか。

使用にあたって、特に大きなメリットについて説明していきます。


2-1 低予算から開始できる

RPP広告は、検索結果に表示された商品がクリックされた際に費用が発生します。

これは、裏を返せば、ユーザーに表示されているだけではお金がかかっていないということです。

ある意味成果報酬という形で広告を利用できるのは、うれしいことですよね。

また、RPP広告は1か月に必要な最低金額も非常に安価です。

そのため、ネットショップが初めての方にも、安心して利用できる設計といえるでしょう。


2-2 効果検証が容易にできる

RPP広告を利用すると、パフォーマンスレポートを閲覧することができます。

このレポートは、RPPの結果・効果を確認し、次につなげることができるものです。

精密なデータを取ることができるので、RPPを利用する際は必ず確認するようにしましょう。

パフォーマンスレポートを用いた効果検証の方法に関しては、別の記事で説明したいと思います。


3 費用対効果をより高めていくために

ここまで読んでいただいた中で、もうこの広告を使用しているという方も多いのではないでしょうか。

中には、使ってみたけど効果でないという方も多いはず。

ここからは、RPP広告の効果をより高めていく方法についてお伝えしています。


3-1 キーワードを見直す

RPP広告は、商品名のキーワードに反応して、ユーザーに表示されます。

そのため、キーワードが適切でなければ、意図しないユーザ―に表示され、広告効果が悪くなる可能性があります。

そのため。商品のキーワードは定期的に見直すようにしましょう。

同様の商品を扱っている他のお店を参考にするのも、方法の1つです。


3-2 単価・予算設定を見直す

RPPの表示順位には、クリック単価と、設定予算も関係しています。

広告を利用しているのにアクセス人数が少ない、という方は、ここを調整してみましょう。

平均的にいくらで設定するべきかなど、詳細な部分は担当コンサルタントに確認するといいでしょう。

弊社も専任のコンサルタントがおりますので、ぜひご相談ください。


4 広告を効率的に利用して、売上アップにつなげよう

いかがでしたでしょうか。

広告の利用は、最も効果的にアクセス人数を獲得する手段です。

その分費用も掛かりますので、RPP広告など利用しやすいものから運用を始め、

効率的に売上アップにつなげていきましょう。

お問い合わせは下記バナーをクリック!


公式LINEを開設しました

お友達登録

お客様がお問い合わせしやすいよう、公式LINEを開設いたしました!商品ページ作成のご依頼・お見積もり・ご相談はお気軽にLINEからお問い合わせください。営業担当者と直通のため、すぐに明確なご返答をさせて頂きます。

または、メールフォームからのお問い合わせは

お問い合わせ

Challenge-Eのサービス一覧

激安!商品制作サービス
ご請求は売れた分から!納得の成果報酬サービス
まずはお試しから、商品ページ制作プラン
商品ページを1点から制作するトクトクプラン
ECの疑問・質問の掲示板
わからない事はみんなで質問!

2020年12月30日EC,楽天市場EC,RPP,楽天市場

Posted by エモロジ